山行記録の検索
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
<自主山行>鹿島槍ヶ岳東尾根〜2007.5.2〜5
標高差1750mの長大な東尾根は2つの岩峰を持ち、鹿島槍ヶ岳の中級バリエーションルートとして多くの人々に登りつがれてきた人気のルート。このGWも全国から集まった同士で東尾根にはたくさんのテントが並んだ。
鹿島
◆二ノ沢の頭にて。(画像クリックで大きく見れます)
<Member>CL 金澤(広島労山)、SL 吉川(HWCC)、森村(HWCC)、岡崎(広島労山) (以上4名)
<Route>大谷原〜東尾根〜北峰〜南峰〜冷池山荘〜赤岩尾根〜西沢〜西俣出合〜大冷沢
<Time>・5/2(水)広島IC(20:40)==車中泊
・5/3(木)大谷原駐(8:00)〜東尾根取付(8:20/8:30)〜一ノ沢の頭(11:50/12:05)〜二ノ沢の頭(12:55)幕営
・5/4(金)起床(3:30)二ノ沢の頭(5:20)〜第一岩峰取付(6:25)〜第二岩峰取付(8:10)〜終了点(9:20)〜北峰(10:00)〜南峰(11:00/11:15)〜冷池山荘(12:45)幕営
・5/5(土)起床(4:00)冷池山荘(5:45)〜西俣出合(7:20/7:35)〜大谷原駐(08:20)==広島IC(20:40)
<Memory>◆急な藪こぎを経て尾根上に出ると思った以上に雪もあり、快適な樹林の尾根を一ノ沢の頭まで登り、鹿島槍ヶ岳東面を一望しながら二ノ沢の頭にてテン場とする。二ノ沢の頭には6張。一ノ沢の頭までに約6張、今日の東尾根には十数張のテントが並んだ。
2日目スタート
◆渋滞と順番待ちはこりごり・・核心は早出に限る。夜は月明かりで歩けるほど天気は良かったが風は強く、テントのばたつく音で何度か目が覚めた。5/4日(晴れ)朝3:30起床。すでに最初のパーティーは登攀準備を完了しヘッドライトの明かりで出発して行った。早々に朝食を済ませテントを撤収し出発。日の出は早く、もうヘッドライトはいらない。昨夜の冷え込みで雪はまだ安定しているが、雪庇とクラックに注意しながら最初のハイライト第一岩峰を目指す。
第一岩峰
◆第一岩峰ルンゼを攀じる岡ちゃん。続々と後続パーティーもやって来る。二人づつロープを組む。吉川リード・森村。金澤リード・岡崎。下部の教蕕隆箴譴鯣瓦韻襪肇襯鵐湿となり、左上部の岩に残置支点がある。ここで切る。後続のパーティーに支点を譲りあとはコンテで抜ける。

◆空に向かって
トラバース気味のリッジ
◆光るリッジ
第一岩峰をバックに
◆いつもの「あえぎ声」・・ぅう○△・・ぅん△○□・・も無く順調にとばす岡ちゃん。そのままコンテで第二岩峰取り付きへ。先行パーティーが取り付いていたが順番待ちも無く、東尾根の二番目のハイライトである第二岩峰に取り付く。
第二岩峰
◆第二岩峰。1ピッチ目はコンテにて凹角下まで。2ピッチ目核心部のチョックストーンのある凹角にて「よし!抜けた!」・・と登攀隊長吉川氏。続く森ちゃん。ここも同じオーダーで行く。核心は元蕁∋鎮屮好螢鵐阿砲弔まれば卦蘢度だろうか。凹角は左の壁にアイゼンの爪を掛けて思い切って上がれば一手で終了。ここを抜けると階段状となり最上部に支点がある。50mいっぱいでも行けそうだがロープの流れが悪そう。
第二岩峰上部より
◆岩場の少ない東尾根をピリッと盛り上げる第二岩峰とその眺めはほどよくバリエーション。
第二岩峰、核心を攀じる
◆「ガリッ!ズズッ!」と言う音とともに核心を抜けて、手を上げる岡ちゃん。

◆そのまま50m程ロープをのばし、小休止とし、ロープを仕舞う。左は天狗尾根。
東尾根のハイライト
◆最後のハイライトである高度感のあるリッジを辿ると北峰はすぐだ。
北峰
◆続々と北峰(2842m)に達するメンバーと握手を交わした。
剣岳をバックに
◆南峰(鹿島槍ヶ岳2889m)山頂にて、剣岳をバックに。ここが今回の最高地点。翌日の天気予報は雨だったので、このまま当日中に下山も考えたが空にはそんな気配も感じられず、前線もまだ九州あたりと言う事で予定通り冷池泊まりとし、のんびりと鹿島槍を堪能。
冷池山荘前より
◆冷池より爺ヶ岳方面を望む。森ちゃんの後輩の管理する冷池山荘はとても綺麗だった。テン場にてお世話になり大変良くして頂いた。翌5/5早朝(晴れ)の下山は雪も安定しているとの判断で、冷池より夏道をトラバース後、赤岩尾根直下から西沢を西俣出合まで下る。大冷沢はデブリで埋まり、徒渉無しで林道に出る事ができたが、西沢上部の傾斜は急で落石も頻繁にあり、注意が必要。
<Route Data>[標準タイム]2日(東尾根〜山頂〜赤岩尾根〜西沢下降、残雪期)
[初登]1930年8月。[積雪期]1933年4月2〜3日。[厳冬期]1934年12月
<Summary>この度は終始好天に恵まれ東尾根を十二分に満喫する事ができた。東尾根は、末端の急登の藪こぎからリッジ・雪稜・雪壁・岩稜などマイルドながら満足度高のバリエーション。
東尾根の記憶
◆今年もたなびく「鯉のぼり」。

◆みんなありがと〜きなこ餅サイコ〜♪
※県連ネパール・パルドール訓練パーティーメンバーの皆さんお世話になりました!

<photo/報告 金澤>
posted by: 管理者 | 北アルプス | 19:42 | - | - |-