山行記録の検索
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
京都トレイル しっかりコース最終回

[山行日] 令和1年12月7日〜8日

[ルート] 1日目 二ノ瀬〜嵐山

     2日目 嵐山〜上桂駅

[参加者]  M本・Y本・O原・F川 (呉労山)K下・O田・S田

 

第1回が行われたのが平成29年、3コースに分かれて多くの会員が参加しスタートしました。

昨年2回目があり、そして今年はしっかりコースのみが行われ、全コース完歩しました。

京都の初冬はまだ紅葉もみられました。

まだ途中までの方、完歩目指して歩いてみませんか。

 

昨年の倒木も多々ありますが、良く整備されています。木のアーチが素敵

 

紅葉もまだ残っていました。

 

渓流沿いのトレイルも面白い

 

沢ノ池

 

綺麗ですね

 

下を走るトロッコの鉄橋

 

嵐山の竹林

 

渡月橋

 

2日目、雲は多いけどまずまずの眺望

 

西芳寺(苔寺)は予約制だそうです。

 

紅葉と竹林が美しかった

 

落葉も良いですよ

 

見所一杯の京都トレイルでした。

しっかりコース

2017年 1日目 伏見桃山〜蹴上 2日目 修学院〜大原

2018年 1日目 蹴上〜修学院  2日目 大原〜二ノ瀬

2019年 1日目 二ノ瀬〜嵐山  2日目 嵐山〜上桂駅

全長 83.3km

 

 

 

 

 

 

 

posted by: chiharu | 関西の山 | 21:32 | comments(0) | - |-
京都トレイル

[山行日]  平成30年12月15日〜16日

[ルート]  京都トレイル

 

昨年に引き続きの京都トレイル

前日から観光したり、

当日は3班に分かれてそれぞれのコースを楽しみました。

 

 

台風の被害で倒木が多いですが、整備され歩き易くしてありました

 

ちょっと寄り道

 

鞍馬といえば

 

寒い中でも咲いています

posted by: chiharu | 関西の山 | 22:04 | comments(0) | - |-
定例山行

[山行日] 平成29年12月2日〜3日

[ルート] 京都トレイル

[参加者数] 21名

 

古都、京都への旅

前日の1日から京都を散策された方々、夜行バスや自家用車で駆け付けた方々も

2日午前8時に伏見桃山駅に集結。

ペースや志向に合わせて3グループに分かれて京都トレイルを楽しみました。

初冬の京都は紅葉が十分楽しめ、晩秋の趣といった雰囲気でした。

京都トレイルは全長83.3km、長く歩いたグループでも30劼舛腓辰

あと何回行きましょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: chiharu | 関西の山 | 22:23 | comments(0) | - |-
氷ノ山(敗退)
2/15〜17 氷ノ山縦走(敗退)の巻(CL楠堀,SL天本)

 2/15の晩に広島を発って,中国道を一路西へ.播但道から氷ノ山の兵庫県側に向かう.播但道の降り口を間違えて和田山で降りてしまったが,何とか氷ノ山の麓に到着.氷ノ山国際スキー場の手前にあるチェーン装着場に車を停めて,今晩はここで仮眠とする.とりあえずテントを張って,ビールを飲んで寝る.既に午前3時半だ.

ところが午前5時頃から,除雪車が稼働して,1時間半ほどで睡眠は終わってしまった.その後もスキーバスに乗ってくる子ども達が元気にはしゃぎ周り,騒々しい朝を迎える.簡単に朝食を取って,スキー場に向かう.スキー場の駐車場に車を停めて,登山口に向かう.このあたりのスキー場は,関西圏からのお客さんが多いようだが,雪での運転に慣れていない人が多いみたいだ.FR車の後輪だけにチェーンを巻いて,坂道を降りようとする怖い車も.

福定から大久保方面へ歩き,とある小屋で曲がると,目指す「1019鞍部」からのブン回し中途半端コース?入り口がある.ブン回しコースの途中から稜線に出るのだ.今朝は雪が多いなあと思っていると,地元のおじいちゃん,おばあちゃん達も「今日はすごいで」みたいなことを言ってくる.確かに「今日はすごい!」.

ここで曲がって登山口を目指す.
 

民家を抜けてしばらく行くと,農地脇の小道に入っていくが,ここから除雪が無くなるのでラッセルが早々に始まる.

小道を進むと,農地を抜けるようになるのだが,道がよく分からない.08年の年末に来た時の記憶を頼りにするが,方角は分かるもののどうも違うようだ.結局は天本さんの「冷静な地図読み」が功を奏して,近くにあった小尾根を登っていけばいいことが分かる.テープも発見した.雪は新雪で深い.私はスノーシュー,天本さんはワカンだが,スノーシューが完全に雪に潜り込んでしまって,スノーシューに乗っかった雪を振り落としながら前進するようになって,一挙にペースダウンする.やがて夏道が右手谷下に見えてきた.行けども行けどもなかなか進まない.ストックを前に出して体重移動して前のめりになりながら足を踏み出す,そしてストックを出す.これの繰り返しで進む.

 


やがて,稜線が見えるところまでやって来るが,ここから稜線まであがるのが大変だ.何とか稜線まであがるものの,積雪量が多い.風で雪が飛ばされていないかなあと期待したが,たっぷりの雪が積もっている.

稜線の雪も多い.


08年年末の稜線.指導票が見えたが,今回は完全に埋没していた.


ここまでのペースは夏時間の3.5倍程度かかっている.08年の年末に来た時は,ここから最初の避難小屋まで1時間50分かかっていたから,どう考えてもまたしても途中敗退だなあと思う.日暮れとともに避難小屋かなあ,などと思っていたが,結局敗退を決定する.北方面から氷ノ山への冬季の記録が少ない理由がよく分かった.

ここで天本さんから雪洞に泊まろうという提案が出る.登ってきた斜面に雪洞をつくって泊まっていこうというものだ.持ってきたテントは簡易テントなので,その方がいいかなと考えて,少し下りて雪洞作りに入る. 2m程掘り下げると草が見えてきた.結局,スコップひとつしかなかったので,2時間も費やして雪洞を作るが,入り口がやや大きくなってしまった.テントや雪の塊で入り口をふさいで中に入る.何はともあれごはんにしよう!私はいつもの通りの焼きそば.二つをあっという間に作り上げて終わる.天本さんは,耐えながら何とかスパゲティーを作っている.かなり時間をかけて作り上げたスパゲティーは,かなりのできばえだった.

楽しきひととき
 

が,こうしている間にも冷気が入り口から入り込んできて,徐々に体を冷やしていく.このまま過ごすことを想像してみるが,寒さに耐えながらトイレを我慢し,朝まで寝袋にくるまっている姿しか想像できなかった.「いささか後悔しているどころではなくて,激しく後悔しているぞ!」と笑い飛ばして,退却を決定する.
荷物を詰め込んで,ヘッドランプを頼りに下山にとりかかる.あれだけ辛かった道も,結局1時間半ほどで車に戻ることに成功. こうして,またしても冬季氷ノ山は敗退となってしまった.うーん,考え直さねばならないなあ.
posted by: kussan | 関西の山 | 19:44 | - | - |-
芦生の森〜京都 東山・北山トレィル山行
 【 日 程 】
  10月22日(土)〜10月26日(水) 5日間
【 参 加 者 】
CL 加藤、SL 室崎、室崎、森、橋本、田部(浩)、宮本(照)、田原(信)、田原(勝)、(会友) 本谷、(会友) 梅比良、11名

【 行 程 】
10月22日 高速バス等で京都府南丹市美山町田歌のゲストハウス《 田 歌 舎 》に到着オーナーの解説、指導で、芦生の森の現状問題点などを学習観察トレッキング。
 
23日 早朝からオナーの解説、指導で京都大学研究林のブナ枯れ防止の作業実態等を見学して、由良川源流点までトレッキング。(河口は舞鶴)《 田歌舎》 連泊。

24日 京都市に移動、左京区銀閣寺から大文字山466m登山、 蹴上に向かって東山トレィルコースをトレッキング。
東山区三条通り白川筋西入 土居ノ内町の 京町家民宿  しらかわ に宿泊。

25日 民宿しらかわ 発 野瀬町八瀬 比叡山ケーブルカー利用して比叡山山頂へ延暦寺、からトレィルルート横高山767m→ 水井山794mを経て仰木峠 → 京大原の里 戸寺町の民宿 よしこ に到着 宿泊。

26日 民宿よしこ 発 北山トレィルルートを金比羅山572mを目指す。
金比羅山8合目の、京都クライマーが集うロックガーデンから大原の里眺望を堪能し、翠黛山577mを経て建礼門院の寂光院に下り、バス 地下鉄を乗り継ぎ京都駅へ・・ 新幹線にて全員無事故で帰広し解散した。           
         
posted by: tahara | 関西の山 | 14:58 | comments(0) | - |-
氷ノ山
---------------------------
 氷ノ山
CL 楠堀,職場の同僚4名
---------------------------

7月の連休を使って,職場の方たちと氷ノ山に登りました.暑さが予想されるので,暑さ対策を事前にお願いしておきました.

中国道から鳥取道,若桜といって,3時間半で氷ノ山の鳥取県側ベースになる響の森に着きました.ここからスタートです.

響の森駐車場にて


駐車場の上手からスキー場に向かう道があります.これを15分ほど歩くと仙谷コースの入り口に出ます.踏み跡はしっかりしているし,すぐにスキー場に出ます.

スキー場を横断


このコースでは二箇所ほど岩場があるとのことなので,とりあえずはそこを目標に進む.左手に沢を感じながら進みます.と,隊員の一人が調子が悪そうで,ペースがなかなか上がらない.そう思っているうちにかなり調子が悪そうになってきた.うーん.
このペースでは引き返した方が良いかなと考えながら,みんながいつ朝ご飯を食べたか聞いてみた.早い人で4時頃だったので,まだ10時半だったけど,まあ焦っても仕方ないので早めの昼食にしましょうかと.これがよかったのか,この後は急激に回復して,問題の岩場もクリアする.

岩場を登る


三点確保で登れば問題はないでしょう.鎖はかえって危ない.
ペース上がって,稜線に飛び出す.ここまでくればあと少しです.皆で話し合って,頂上を目指すことにする.

稜線です


頂上近くで右手にぐるっと曲がると頂上小屋が目前!


頂上です.


ハチ高原方面を眺める


下山は,氷ノ越からです.頂上から1時間も行くと避難小屋に着きました.

この避難小屋には,08年の年末にきました.ハチ高原からラッセルしてやってきましたが,きつくて,ここから兵庫県側に下山した苦い思い出の場所です.
今日はここから左手におります.林間コースを下っていくと駐車場の上部につきます.

この晩は姫路に泊まって,翌日は改修中の姫路城の見学でした.

天守閣です.

posted by: kussan | 関西の山 | 18:39 | - | - |-
<自主山行>芦生の森(京都大学演習林)&赤坂山(679m)


 **************************************************************
【日  時】 平成22年5月1日〜5日
【場 所】  芦生の森(京都大学演習林)&赤坂山
【参加者】  CL室崎(さ)、加藤、室崎(ち)、森、橋本、石田、小林(つ)、小林(み)
       宮本(て)、松本
【コー ス】  5月1日 広島 ⇒ 京都駅 ⇒ 園部駅 ⇒ 南丹市美山町 芦生
      5月2日「芦生の森」
                  9:30 芦生(京大施設)→ 灰野分岐 → 小ヨモギ作業所 → 
      カズラ小屋手前(軌道崩壊)  → 13:00 昼食 → 
      16:15 芦生(京大施設)

                  5月3日 美山町 ⇒ 園部駅 ⇒ 京都駅 ⇒ 高島駅
      5月4日「赤坂山」
      7:50 赤坂山登山口 → 10:52 赤坂山 → 11:45 昼食 → 
      12:00 明王の禿 → 12:40 黒河林道分岐 → 14:08 林道出合 →
      15:30 白谷温泉
      5月5日「比叡山」
**************************************************************


"芦生の森ネイチャ−トレッキング"出発!森の守り人・・本日のガイドさん2人と記念撮影です!




シャクナゲです。ガイドさんの言葉に耳を傾け、美しい森の中を歩きました。




豪邸跡。苔むしたところ、レトロな一升瓶など生活の跡が残っています。





材木を運んだ"トロッコ道"に沿って・・・
蛇の研究者に出会いました。春一番
マムシさんに遭遇!も




鹿の生ハム絶品です。宿泊&ガイドをお願いした"田歌舎"さん特製ランチとノンアルコールビールで昼食




樹齢は何年? 大きくて、とても深い森




きれいな流れ・・・
実は若狭から都に運んだ"鯖街道"が残っています。





美山町「かやぶきの里」 美しい日本の風景です。




満開のさくらに見送られて、赤坂山に




イワカガミ! 赤い新芽、ピンクの花




赤坂山登頂 ニコニコ笑顔がいっぱいで~す




イワウチワ!の変種「トクワカソウ」 この花に会いに来ました。




感動! ズーッとズーッと 群落が続きます。




「高島トレイル」 たくさんのハイカーが楽しんでいます。




可憐なスミレ オオバキスミレ!




根本中堂参道を歩く・・・最終日は比叡山登山です。




あでやかなシャクナゲは満開




比叡山里坊がある坂本にて。
モッコウバラが迎えてくれた喫茶店で"お茶"をいただきました。






登山を楽しみましょう♪
自分スタイルで山に登れば、気分爽快ですから!

*************************************************************
一緒に 山に出掛けましょう!広島勤労者山の会(広島労山)では仲間を募集しています。
広島労山ホームページより、お気軽にご連絡お待ちしてます♪
*************************************************************

<photo/Katoh>
<報 告:Katoh>


posted by: 管理者 | 関西の山 | 21:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-