山行記録の検索
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
天応銀座尾根アイゼントレーニング

JUGEMテーマ:スポーツ

 

4/7 K,O(他会),H(他会)

 

GWに計画している山行トレーニングとして,天応銀座尾根のアイゼントレーニングを実施することにした.チムニーをアイゼンで登攀できれば心強い.

Hさんはコンビニが混雑していて,買い物に時間がかかって列車に乗り遅れたと連絡が入る.Oさんは早めに到着する.二人で出発する.アイゼン尾根の分岐でアイゼンに履き替えようとOさんから提案される.ここからアイゼンで銀座尾根まで向かうことにする.

他のパーティーも入っていく.

 

銀座尾根の基部まで来て準備していると,Hさんがやってきた.流石,アイゼンを履いてきた!早速チムニーに取りつく.Hさんはクライミングは本当に久しぶりということで,Oさんがリードすることになった.私がビレイする.核心部に掛かるとさすがに厳しそうだ.アイゼンでの登攀はやはり厳しいなと思う.「ビレイ解除」のかけ声が聞こえてきた.二番手はHさんが行くことになった.スリングを使って登ることにしたが.Hさんはプルージックで登ろうとするがあまりうまく出来ない.「最近はプルージックは使わないですよ.僕は巻き付け結びにしていますが.」というと,「巻き付け結び?プルージック使わんのかい?」,「そうですね,巻き付け結びか,マッシャーが多いですね.」ということで,巻き付け結びは簡単なのでその場で採用となる.「ここは20年は来ていないからなあ」というから,まあトレーニングしておいてよかった.そして最後は私が登る.流石にアイゼン履いていると厳しい.とにかくミス無く登ることができた.

 

岩稜帯を巻いて下降して,基部について振り返りをすることにした.2分間個人で振り返りをして,その後それぞれが振り返ったことを話していく.こうしてシェアリングが終わり,それぞれの課題を皆が共有できた.

そうこうしているうちにOさんのロープワーク講座が始まった.何故プルージックでなくマッシャーや巻き付け結びなのか,懸垂下降での停止方法,マスト,半マスト結びをの基本的な考え方・やり方等等.確かにあらゆる状況に対応できようになることは必要だ.

その間に他パーティーがチムニーに取りついたので,そのままロープワーク講座続行.懸垂で降りてくるかと思ったが降りてくる気配がないまま,もうお昼時になってしまった.昼食を食べていろいろ話をする.

 

Hさんは家庭の事情で昼で切り上げなければならないということなので,これで終わり.今後のトレーニングは,単独で北アルプスのとあるルートにトライするということだった.帰ってきたら雪の様子を知りたいので,連絡してくれるように頼む.

 

さあ,いよいよ2回目.するとOさんが「リードしてみる?」と言うので,即座に「やります!」と返す.そして準備に入っていく.次第に緊張感が高まっていくのを感じる.準備が整い,「じゃあ,行きます」と登攀開始.最初はそれなりに進めたが,核心部に掛かると流石に行き止まる.できるだけ壁に正対した状態で登りたいが,アイゼンのツァッケで登れる感じがしない.チムニーの左右の壁にアイゼンを押しつけて登ることにするが,結局落ちる.うーん,なかなかうまくいかない.ここで作戦を変えて,自分が確実に登れる方法にした.右脚のアイゼンを右手の壁に押しつけ,左肩から肘あたりを左の壁に押しつけて登ることにした.

 

ビレイするOさんと,登攀開始する自分.(写真 Fさん提供)

 

チムニーを登る.(写真 Fさん提供)

 

なんとか中間テラスまで登る.ビレイ解除して,Oさんが登攀開始する.やはりリードすると余裕がなくなる.

 

その後Oさんと一緒にナメラ岩に移動して,クライミングすることにした.5ヶ月ぶりのクライミングだったので,第1ポピュラーにトライすることにする.すると再びOさんから「リードしてみる?」.ここは待ってましたとばかりに,「やります!!」.ついに来た!カムをOさんから借りて,早速ルートに取り付く.あまり無理しないように注意して登ることにした.慎重に時間をかけて登って行く.核心部で下から「カムを使わないと上のリングボルトまで何もないよ.」と声が掛かる.二つ使いたかったが,結局カム一つで核心部を乗り越える.そして中間テラスまで到達.達成感はない,次の用意を慎重に進める.Oさんが登ってきたところで「お見事でした.」とお褒めの言葉をいただくが,かえって恥ずかしい.どうも誉められることになれていないな.

懸垂下降で降りて,無事終了となった.たった3本登っただけだったが,久しぶりに緊張感のあるトライだった.

 

その後こども達と公園で小一時間ほど遊ぶが,背中側がもう既にバリバリに固まってしまった.今夜は筋膜リリースとストレッチだなと思って帰ることにした.

 

その後Oさんからメールが来た.「クライミングから暫らく離れていたのに、昨日は見事でした。登り方には未だ課題がありますが、リードすると決断したことが素晴らしい!私自身も刺激を受けました。」と書かれていた.他者によい影響を与えられる存在であるという部分が嬉しかった.充実した3本だった.

Fさん写真提供ありがとうございました!

 

posted by: kussan | クライミング | 22:14 | comments(0) | - |-
登山技術講座

[山行日]  平成31年4月7日(日)

[ルート]  天応 銀座尾根

[参加者]  M本・K田・F川

 

今年度最初の登山技術講座機淵蹇璽廛錙璽)

最高のお花日日和となり、先週の寒さが嘘の様な暖かい1日でした。

岩トレするのに良い季節となりました。

岩稜歩きもロープワークも久しぶり…忘れていました。

いざという時に必要な技術です。

トレーニングの必要性を感じた1日でした。

 

桜も満開、ツツジも良い色合いです。

春ですね

 

 

posted by: chiharu | 登山技術講座 | 19:32 | comments(0) | - |-
雪山の実践登山

[山行日] 平成31年3月23〜24日

[ルート] 23日 大山寺〜元谷〜宝珠尾根〜ユートピア小屋〜振子山〜野田ヶ山〜大休峠避難小屋

     24日 大休峠避難小屋〜中国自然道〜川床〜大山寺

[参加者] M本・K田・F川・O藤

 

野田ヶ山…絵になるお2人が見ている風景は…

 

こんな美しい景色です。

 

今シーズンは雪がとても少ない。大山も例外ではなく、早々にスキー場も閉鎖となり、

スタートした23日早朝は大山寺には積雪は無かったが、チラチラと雪が降り始めていた。

元谷も雪は少なかったが、冷えて締まっていた為、尾根からの落石はなかった。

雪が降る中、上宝珠尾根に取りつく。急斜面を慎重に登る。

尾根に着くとすぐにナイフリッジを通り抜け、ユートピア小屋に向け斜面をトラバース。

確実なアイゼン歩行が要求される。三鈷峰との分岐では雪が強く降り、視界も悪い。

ユートピア小屋で少し休憩し、先を急ぐ。ここからの痩せ尾根はナイフリッジと化していた。

1歩1歩慎重に足場を確認しながら歩く。1歩でも間違えると谷底に落ちる。失敗は許されない。

急傾斜はピックを打ち込み、アイゼンを蹴り込む。

時に木々が邪魔になり更に難しさが増す。

視界が悪く、親指ピークへ続く尾根が分からない。入る尾根を間違えると取り返しがつかない。

一瞬、親指ピークが微かに見えた。進む道は決まった。

それまでの道のりに比べるとロープの張られた親指ピークは簡単に思えた。

ここを越えても安心は出来ない。まだまだナイフリッジは続いた。

野田ヶ山に近付く頃には空が赤く染まりだし、野田ヶ山からの眺めは最高に美しかった。

後は大休峠避難小屋へ行くだけだが、ルートファインディングに苦労した。

その夜は皆疲れ果てたのか、シェラフに入った途端、眠りの世界に落ちて行った。

 

アイゼンを利かせながら斜面を進みます

 

一歩一歩慎重に

 

親指ピークに向かいます

 

翌24日、小屋の外は新たに積もった雪に覆われ登山道はわからない。

歩き易い所を進むので、登山道から外れていく。

テープや標識を探し、時々、GPSで確認しながら、大幅にルートを外さない様に進む。

たまに雪を踏み抜き、ズッポリはまる。

舗装道路に出てようやく安心出来た。

 

川床へ向かっています

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:20 | comments(0) | - |-
クライミング練習5

山行日:2019年3月16日

場所:広島市安佐南区 窓が山ゲレンデ

メンバー:Y田、呉労山Y本、Y本、K林

 

昨夜からの雨で、Y本さんと早朝電話で相談して駄目元で行ってみることにしました。

窓が山登山口の木々は雪で真っ白になっていました。気温1℃。

でもクライミング装備はもちろん、今回は私の未使用1150mロープも持参。

往路、木々に着いた雪が解けて、小雨のように降ってきました。

岩場に到着、岩は濡れた状態でしたが、日向側は徐々に乾いてきていました。

 

Y本さんがやってみましょうかと言われ、即座にハーネスなどの装備を装着。

11時過ぎからマルチピッチの掛け替えの練習を開始しました。

その後20mほどの壁をトップロープで二度ほどクライミングしました。岩壁の下半分は濡れていて気持ち

悪いスラブでしたが上部は乾いていて、なんとか終了点まで登ることができました。

帰り際にN場さんが単独で練習に来られたので、窓が山その他クライミングよも山話とルート説明を

受けることができました。当初下見だけのつもりでしたが、五感を研ぎ澄ましたクライミングを

楽しむことができました。終わってみれば15時になっていました。

 

 

 

 

 

posted by: tyamad | クライミング | 17:27 | comments(0) | - |-
八ヶ岳トレーニング山行

JUGEMテーマ:スポーツ

 

CL K, SL O(他会), SL CH(他会)

 

GWに向けて八ヶ岳トレーニング山行に出発した.3人そろったので日中に車で移動することにした.

 

3/1 350時に起床して,コーヒーを飲んで出発する.順調に進んで,昼頃に美濃戸口に着く.天ぷらうどんを食べて,先の赤岳山荘まで車で入ることができたので,余裕が出来た.

P3010001.JPG

駐車場

 

IMGP1611.JPG

大同心と小同心(Oさん提供)

 

出発前に,ホームセンターでグラインダーを買ってきて,アイゼンのツメを研いでおいた.いつも時間掛けてヤスリでやっていたが,流石に面倒なのでグラインダーにしてみた.気をつけながらやってみたが,なかなかのものだった.

 

この先は沢が凍っているのでアイゼン歩行になる.しばらく歩くと大同心が目の前に大きく現れてきた.見るのは2012年の年末以来だ.計画書では3/3に美濃戸口へ下山となっているが,天候の悪化が予想されたので,明日には美濃戸口へ下山しておきたい.

P3010012.JPG

アイスキャンディー.2月の時点ではかなり融けていたようだったが,アイスクライミングを楽しんでいる人達が結構いた.

 

IMGP1615.JPG

2時間ほどで赤岳鉱泉につき,早速テントを張る.(Oさん提供)

 

赤岳鉱泉のあたりでは新雪が積もっていて,予想以上にいいコンディションでトレーニングが出来そうだ.テントを張ったら,スノーバーを試してみる.しかし周りは新雪ばかりで,簡単に抜けてしまった.上に上がらないととても試すことはできそうにない.ということで,スノーバーのテストは明日ということになって,テントに入って小宴会と食事をする.近くのテーブルで韓国人グループが大きな声で話しているので,挨拶がてら静かにしてもらうように頼みに行った.20時過ぎにはねることにした.

 

P3020015.JPG

赤岩ノ頭

 

翌日は4時起床で,6時過ぎに出発した.年末から左足の股関節が外旋しないので,左足の踝のあたりが見えづらく,アイゼンバンドを着けるのに時間がかかる.樹林帯を抜け,赤岩ノ頭で一旦休憩する.このあたりでスノーバーを試してみることにした.しかし,ここら辺も新雪で,40cm程度はまって,その先は凍ってスノーバーが入らない.とりあえず3通り試してみるが,結局雪質があわずに使えないということが分かった.「分かった」事が重要だったので,やってみてよかったと思う.

P3020016.JPG

硫黄岳方面を臨む(Oさん提供)

P3020020.JPG

硫黄岳前の岩場.左から廻っていく.

P3020024.JPG

硫黄岳頂上付近

 

2012年は天候が悪かったので硫黄岳までだったが,今日は滅多にないと言っていいほどの好天だ.硫黄岳から先へと進む.

IMGP1630.JPG

 

P3020030.JPG

鉄棒からはがれた氷.鉄棒の形そのままだ.

 

硫黄岳小屋の脇で行動食を取って,これからつづく岩稜帯に備える.

P3020031.JPG

 

IMGP1639.JPG

鎖,鉄柱、はしごがあって,慎重に進む.(Oさん提供)

P3020036.JPG

 

IMGP1641.JPG

(Oさん提供)

IMGP1657.JPG

岩稜帯をひたすら進む.(Oさん提供)

 

P3020037.JPG

赤岳と阿弥陀岳,その向こうには南アルプスの大展望.この角度からは見たことがなかったので,改めて八ヶ岳の素晴らしさを垣間見た気がした.

P3020038.JPG

遠く富士山も.

P3020045.JPG

Oさんが岩場を下る.

 

岩稜帯の核心部を終えると,なんと犬を連れた登山者がいた.犬はゴーグルに服を着て,楽しそうにしていた.

さて,我々は地蔵尾根をそのまま降りる.途中から佐賀から来られた3人組の御年輩グループと抜きつ抜かれつになった.地蔵尾根の最初の30分はかなり急坂で慎重に下る.そのうちに行者小屋に到着.そのまま一気に赤岳鉱泉まで.今日は7時間20分だったが,天候に恵まれよいトレーニング山行になった.残念なことに,途中私のアイゼンのアンチスノープレートがはずれて壊れてしまった.ビスが完全に飛んでしまった.10年以上使っていたから仕方ないが,本番でなくてよかった.

P3020051.JPG

行者小屋

IMGP1671.JPG

駐車場からの風景

 

テントを片付けて,そのままアイゼンをつけたまま一気に駐車場まで下りる.16時頃には車に戻ることが出来た.

ありがとう,八ヶ岳!よいトレーニングが出来ました.

posted by: kussan | 八ヶ岳 | 22:53 | comments(0) | - |-
クライミング練習4

JUGEMテーマ:趣味

山行日:2019年2月24日(日)

場所:東広島市 鎌倉寺山

メンバー:Y田、呉労山 H田、Y本、K下、他9名

今回は東広島市の志和町にある鎌倉寺山。私には初でした。

快晴、もう春なのか、陽が当たる岩壁はちょっと暑いほどで気持ちのいい

クライミング日和。

今回も呉労山に混ぜていただきました。過去最多と思えるほどの12名の

参加でした。女性が9名も参加されていました。クライミングは

こうやってみんなで楽しむのが、良いかと思っています。

クライミングが岩稜歩きの基礎だとよく言われます。私もそうだと思います。

体で覚える、ということです。

ゲレンデは2か所、ルートは5か所でした。

アプローチの岩場歩きが結構長かったのですが気持ちよく歩けました。

途中に’馬の背’という難所があり、大股を広げて腕プッシュと股締め

をしながらじりじりと通過しました(写真)

画像が逆さまになってしまいましたね。まあ仕方ない、ということで。

朝から夕方までたっぷり遊びました。

呉労山の皆さん、いつもお世話になります、ありがとうございます。

 

 

 

posted by: tyamad | クライミング | 18:45 | comments(0) | - |-